福井の花・木・鳥|福井の婚活パーティーならエクシオ

福井の婚活パーティー・お見合いパーティーならエクシオ

ご予約・
お問い合わせ
050- 5531- 9451

head_menu

福井の花・木・鳥

> 福井の花・木・鳥

日本の各都道府県にはそれぞれ「都道府県の花」、「都道府県の木」、「都道府県の鳥」が定められています。
こちらでは福井の花、木、鳥をご紹介します。

福井の花

スイセン

スイセン

ヒガンバナ科の属のひとつで、色や形の似ているラッパスイセンやニホンズイセンなどが多くありますが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼びます。多年草で、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせます。原産地は主にスペイン、ポルトガルから地中海沿岸地域とアフリカ北部で、原種は30種類ほどあると言われています。
現在は園芸用に品種改良されたものが多く販売されています。日本では古来に中国を経由して渡ってきたと言われ、本州以南の比較的暖かい海岸近く群生が見られます。特に越前海岸の群落は有名です。

福井の木

マツ

マツ

一般的にはクロマツやアカマツを指しますが、「マツ」を名前に含む樹種にはカラマツなどマツ属でないものもあります。マツ属の樹種は約115種にも及ぶと言われています。庭木や盆栽として大変人気で、松脂(まつやに)は様々な分野に利用されています。
葉は針状であり、幹には堅い殻が形成されます。松ぼっくりは松笠(まつかさ)という球状の果実で、その中に種が出来ます。日本では竹・梅と共に縁起のよい木とされ、3つ合わせて松竹梅(しょうちくばい)と呼ばれています。

福井の鳥

ツグミ

ツグミ

ツグミ科の鳥で、ドイツの農家でアマチュアの博物学者だったヨハン・アンドレアス・ナウマンから献名されました。
雑食で、土中に潜むミミズや昆虫、熟したカキなどの木の実を食べます。日中は田畑や落葉した雑木林など比較的平坦で明るい場所を好んで生活しています。飛来すると一旦木の枝など高いところへ留まり、食事に適した場所を探して降り立ち、ピョンピョン跳ねるように歩きながら食糧を探します。この時の背筋を伸ばして胸を張って直立するような姿勢が本種の特徴でもあります。

Page TOP

© EXEO JAPAN All Rights Reserved.